白内障手術

右目の手術無事終わりました~~~!!
終わってみたら簡単だったけど
何せ回りに「白内障手術」した人がいないので
どんな感じなのか解らず、かなりの緊張でした。
やはり手術中肩に力が入っていたようで
帰ってからかなりの肩こりに悲鳴をあげていました。
(これは今までにない経験)

そんなこんなで片目の手術を終え感じた事。
それは「情報が欲しい~~~」ということ。
30代で白内障になった方が(今はもう40ですが・・・)
回りにはいないこと。
聞いた事もない。
情報が少ない事で不安に思うことが沢山ありました。

そこで、私のように若くで?白内障になられた方のお役に
少しでもなれたらと思い、記録を書きたいと思います。

片目では疲れるので少しづつにしますね。

まず「白内障」に気づいたのは30歳を過ぎてから。
眼科に行ったときに言われました。
本人は全く気づいてないので
「生活に支障が出てきたら手術しましょう」と言われ定期健診に行ってました。

先生には「白内障は年をとれば殆どの人がなります」と言われ、
きゃ~私もう老化現象!?とショックをうけました。
・・・が中には先天的に白内障になる人もいて
若くで手術する方もいるそうです。
「若年性白内障」と言うそうです。

・・・でこの手術を受けると一つのところにしか焦点があわなくなるのです。
なのでいきなり老眼になってしまうという不便さから
「老眼になってから手術したらそんなに違和感ないよ」と言われ
手術を先延ばしにしてました。

「白内障」と言われて約10年。
まだ老眼になってない私がなぜ手術に踏み切ったか!?
・・・それはあまりにも見えなくなってきたから。
もともと強度近視だったのでコンタクトをしていたのですが
それでも、ぼやけてしか見えなくなってきたから。
これはかなりきつい・・・
生活に支障をきたしてきたというのを実感してきたからです。

かなりさわりですが、つづく・・・
[PR]
by mei-mariko | 2011-06-16 11:12
<< 白内障手術(2) ジム通い >>